Kdentalはノンクラスプ,クラウン,CADCAM冠,e.maxに特化|ハイブレッドレジン,ジルコニア,ペリオデンチャー等の多数の歯科技工物を行なう総合ラボです

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0120-31-0025

トップページ > 無料配送先 > 模型の送り方

模型の送り方Sendo

模型の送り方Basic charge list

クロネコヤマトをお使いの場合は着払いとさせていただいております。

※他社をお使いの場合だけ送料の負担をお願いします。

ジルコニア、e.max、インプラントをシリコン印象した場合

トレーごとでも硬石膏を流して頂いてもどちらでも結構です。そのままクッションに包んで動かない様に変形しない様にしてプラストーンのような小さめの箱に入れて御送り下さい。外した個人トレーも何かあった時のため送って下さい。

  • ジルコニア、e.max、インプラントをシリコン印象例1
  • ジルコニア、e.max、インプラントをシリコン印象例2

パーシャルのノンクラスプをリベース、修理する場合

まったく新しい印象を個人トレーで取って頂き模型とノンクラスプデンチャーを送って下さい。
箱は何でもかまいませんクッションで包んで壊れない様にお願いします。

  • パーシャルのノンクラスプをリベース、修理する場合の写真1
  • パーシャルのノンクラスプをリベース、修理する場合の写真2

総義歯に近いノンクラスプをリベースしたい場合

取り込み印象の方が簡単に行く場合があります。義歯をはめたままその部分に印象材を流し込み、上から義歯共にトレーで取って下さい。義歯の内面にワセリンなどを厚めに塗ってから石膏を御流し下さい。
アンダーカットが大きくある場合注意されて下さい(ノンクラスプの場合柔らかいので少々は外せます)

ノンクラスプの鉤歯が抜歯になり、そこにCK、HRなど合わせて作って欲しい場合

義歯をはめたまま取り込み印象して送ってみて下さいもしくは模型と義歯を一緒に送って下さい。
最善を尽くしてなるべく今までの義歯合わせてCK、HRなどそこに合わせて作成いたします。
しかしこれはきちっと保持力が得られるものを保証するものではありません。普通であれば鉤歯を作り直すと同時に義歯も作り直すべきものですが、どうしてもという希望があれば弊社として出来る範囲でお答えいたします。
どうぞご理解下さい。

ノンクラスプ鉤歯をKdentalで作成すると

ノンクラスプ鉤歯の作成はKdentalで作成すると設計に合わせて作成するので義歯に緩みが出にくくなります。

ガイドプレーン、レスト、グルーブの付与

ノンクラスプでは、外しにくい、緩みにくいなどガイドプレーンの付与(90度から少し前方に倒して)が長く御使いいただける鍵のようです。出していただけるとノンクラスプの設計に合わせて作成いたします。

  • ガイドプレーン、レスト、グルーブの付与の症例写真1
  • ガイドプレーン、レスト、グルーブの付与の症例写真2

弊社のノンクラスプの場合

試適の段階で設計を模型に書いて配列した仮床と一緒に送り返すようになります。 先生の方で確認して仕上げのご指示をお願いいたします。

  • ノンクラスプの模型写真
  • 試適の段階の写真

弊社の特徴はこの部分にワイヤーを入れます。もちろん入れない設計も可能です。

  • ワイヤーの症例写真

少数歯のノンクラスプをリライン又は追補したい場合

まず個人トレーで普通に義歯の印象を取って石膏模型を作製します。

模型に義歯を入れて下さい。綺麗に入るはずです。
(入らない場合印象の変形が考えられます)

症例写真1

この症例は維持力が落ちますが、短期間で了承が得られれば修理いたします。

症例写真2

このようなリライン、リベースも同じ方法です。

症例写真3

ノンクラスプアーム破折修理の場合

まず個人トレーで普通に義歯の印象を取って石膏模型を作製します。

症例写真4

副模型作製

症例写真5

AI樹脂キャスト完成

症例写真6

鉤歯が抜歯になった場合

取り込み印象して一緒に送って下さい。かなりの症例数をこなしてきました。
きちんと合う保証はありませんが最善を尽くして義歯に合わせてCK、HRを作成いたします

症例写真7

総義歯に近いノンクラスプをリベースしたい場合

取り込み印象の方が簡単に行く場合があります。義歯をはめたままその部分に印象材を流し込み、上から義歯共にトレーで取って下さい。
義歯の内面にワセリンなどを厚めに塗ってから石膏を御流し下さい。
アンダーカットが大きくある場合注意されて下さい(ノンクラスプの場合柔らかいので少々は外せます)

3番抜歯、追補のケース

症例写真8

ノンクラスプの取り込み印象を頂きます

症例写真9

追補した粘膜面

症例写真10

追補完了。唇側面から見た状態です。

症例写真11

模型送付先

Kdental所在地

送付先

有限会社 Kdental

〒800-0353
福岡県京都郡苅田町尾倉4378-8
TEL:093-435-3580
FAX:093-435-0358

Kdentalは、北九州空港より車で20分
※見学の先生は空港までお迎えに参ります。

 

クロネコヤマトの超速宅急便 
<http://www.kuronekoyamato.co.jp/chosoku/chosoku.html>
もご利用可能です。
東京からですと夜までに出していただければ朝には北九州に着きます。

お問合せ・ご相談

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせフォームより24時間受付中です
お電話によるお問い合わせ:093-435-3580 fax:093-435-0358
メールアドレス:info@kdental.co.jp

クロネコヤマトで送料無料

受講者が10人集まればセミナーを開かせていただきます。お気軽ご相談ください。

アルティメットデンチャー

AIデンチャーDVD発売

information

ホットニュース

CAD/CAM申請書NEW!

企業理念

外部リンク

PAGE TOP

Copyright(C) Kdental.co.jp All Rights Reserved.