Kdental|NEWS

横田ぺリオセミナー

先日、横田誠先生のペリオセミナーのお手伝いで参加させていただきました。
今まで気になっていた初歩的な質問にも答えていただき、目から鱗の内容でした。
私が勉強になったのは歯の動揺には2つのパターンがあり、一つは歯周病です。
これはTVのCMなどでもよく耳にすることがありますがバイオフィルムによる細菌の炎症によって引き起こるものです。もう一つは咬合の早期接触です。
これは歯並びや補綴物などによって早期接触を起こすことによって動揺が促進するそうです。技工士は治療のために補綴物を製作しますが、それが歯の動揺を起こすということが衝撃的でした。この2つのパターンはペリオテスターを使用することによってどちらのタイプか診断し、それによって治療方法を考えるそうです。
弊社で製作しているペリオデンチャーは早期接触タイプの動揺に効果を発揮します。
動揺している歯を松葉杖の役割で補強することによって『噛む』ことができるのです。

 

Top