Kdental|NEWS

両側並びに遊離端欠損 ノンクラスプ設計について

両側並びに遊離端欠損の場合が考えるところです
患者さんの意見も先生方の言われる通り バーを嫌う傾向があります
そこで床にしたり、細くしたり、左右別々に作製と工夫しています
そこにはコウ歯にアンダーカットがありしっかりしているかが、重要です

驚くのは辺側4歯欠損 辺側処理を会社としては勧めませんが
如何してもという患者さんには、使っていただいている場合があります
歯槽堤が高ければ結構安定するようです

基本メタルパーツを小さく使い、緩みをなくして、材料の品質を追求する
例えばアルティメット樹脂でさえ湿度高く保存されると、手で簡単に折れてしまいます
保存、扱い、さらに乾燥時間からそれをチューブに移す数秒でも変わってくるのが現状です

いまはさらに透明のクリアー樹脂で前歯部を作成 臼歯はピンク樹脂で合着させて作成ジルコニア人口歯、ジルコニアレストを付帯したノンクラスプデンチャーなど変わってきています。

71_1_2

Top