Kdentalはノンクラスプ,クラウン,CADCAM冠,e.maxに特化|ハイブレッドレジン,ジルコニア,ペリオデンチャー等の多数の歯科技工物を行なう総合ラボです

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0120-31-0025

トップページ > ノンクラスプ > 熱可塑性レジン

熱可塑性レジンDentures

熱可塑性レジンDentures

保険点数が高いだけではない。 知られていない熱可塑性義歯の本当の良さ

熱可塑性義歯の症例写真

一般的に歯科用レジンは、ポリマーとモノマーを混ぜて、ラボ内で科学的に重合させレジンという個体を整形します。その為重合収縮がおおきいのです
熱可塑性レジンの特徴としては、アクリル樹脂を作る際に重合の行程をメーカーの方で工業的に終えています。
その為より均一な品質になるとともに樹脂に熱を加えて流動性を持たせ型に圧入して整形します。
したがって、ラボ内での重合という行程が熱可塑性にはありません。
ペレット状に出来上がっている樹脂に熱を加え流動性を持たせ型に圧入して整形します。硬化するまで圧をかけ続けるので収縮分まで補正ができ収縮が少ないのです。
その為適合が抜群にいいのです。
出来上がった義歯の表面も固く、削った際にレジン特有の匂いがあまりしません。化学的に安定しているため表面高度もあり、汚れも付きにくいのです。アレルギーの強い方などには、モノマーの流出が少ないのでいいかもしれません。
会社のスタッフがこの素材の義歯を試したところ、適合の良さに驚いていました。毎日がこの義歯のおかげで明るくなった。本人が、こんなにいいならもっとすすめるべきだと言っていました。

欠点は固いために、粘り・強度が若干弱いということです。
これらは、人工歯脱離、義歯破折など重要な要素の一つになりますが、メーカーの製品にもよるのでいろいろ試しています。

人工歯については維持の掘り方など工夫次第で改善できるようです。メーカーが材質を改善して出してきています。

保険対応の義歯です。熱可塑性義歯床で点数が上がっています。

kdentalでは、コンクエストシステムを使用して圧入しているので適合が全然違います。
熱を加えて整形するため熱収縮があるのですが、ある程度固定化するまで加圧されるので熱収縮を補正できるのです。

熱可塑性義歯の症例写真

結果・・・

一般のレジンに比べて格段に適合が良いです。(石膏模型にぴったり収まります。)

化学的に安定しているので表面が固く滑らかで汚れにくいなど、義歯を制作する上で最も大事なところが精密にできます。

軟粘性シリコンが熱可塑性樹脂に特に接着性が高い事も利点の一つになります。

 

歯科医が自分にしたい治療の特集」のところでも紹介しています。

熱可塑の短所

男性の中でも徳に咬合力の強い患者さんの場合には注意が必要です。1部の意見として弾力性がありすぎて気持ち悪い、 熱可塑の柔らかい床が咬合力で変形し逆に咬めないと言う事がありました。
改善するにはメタルを使用して芯を固く補強することで表面は柔らかく痛みが出にくい構造を作る事が可能になります。
女性は逆で柔らかいのが好評で痛みが出にくくぴったりしていると評価を頂いています。

お問合せ・ご相談

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせフォームより24時間受付中です
お電話によるお問い合わせ:093-435-3580 fax:093-435-0358
メールアドレス:info@kdental.co.jp

クロネコヤマトで送料無料

受講者が10人集まればセミナーを開かせていただきます。お気軽ご相談ください。

アルティメットデンチャー

AIデンチャーDVD発売

information

ホットニュース

CAD/CAM申請書NEW!

企業理念

外部リンク

PAGE TOP

Copyright(C) Kdental.co.jp All Rights Reserved.