Kdentalはノンクラスプ,クラウン,CADCAM冠,e.maxに特化|ハイブレッドレジン,ジルコニア,ペリオデンチャー等の多数の歯科技工物を行なう総合ラボです

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0120-31-0025

トップページ > ノンクラスプ > ノンクラスプデンチャーの実態

ノンクラスプデンチャーの実態Dentures

知らないと怖いノンクラスプの実態Dentures

高額を支払った義歯が1年もたたずに折れる、咬めない、外れる。

10年前まだ殆どノンクラスプという言葉さえ世の中に出ていない頃にフレキサイトという樹脂に出会いノンクラスプの研究が始まりました。
この樹脂は適合、色がよかったのですが、強度、耐久性、耐劣化性に劣っていました。
作品としては綺麗に出来るのに折れたり割れたりが多々ありました。
その後ノンクラスプを初めて10年、研究当初からナイロンだけで出来たデンチャーでは噛めるデンチャーは難しいと判断しました。

ルシトーン

AI樹脂が出てくるまでは、最も信頼できるナイロン系材料でした。
現在、他にもいろいろな種類の材料が出ていますが、AI樹脂以外では強い樹脂だと思われます。
固く感じられますが、体温の温まりや咬合力を加えると適度にたわむようです。この微妙な固さが毎日の食べる噛み締めるという行為にちょうど合っているように思えます。
もっとも、個人差があり痛みが出やすい人には柔らかい樹脂の使用、メタルを使わないで仕上げるなど考えられてはいかがでしょう。
固いとは言ってもレジン床より柔らかいのが特徴です。表面が汚れにくい特徴もあります。

フレキサイト

今までは最も適合がよく大きな症例総義歯に使用されてきましたが、近年さらにいい樹脂がでて使われなくなりました。レジン床とほぼ同じ強度ですが、ナイロンデンチャー本来の長所である粘りが無く、強度に不安があります。割れやすいのでクリアランスが必要です。

バルプラスト

今ある中ではもっともやわらかい樹脂です。アンダーカットが強い症例にはバルプラストが向いています。歯頚部のアーム部のラインを下げる事ができますが、若干白濁が見られ、汚れやすいです。洗浄剤によっては変色しやすいのが、この材料の弱点です。依って洗浄剤には気を使います。修理がしにくく、咬合力が強い人には向きません。

 

今現在10種類以上の新しい材料がでてきましたが、適合が良く無く、耐劣化性が劣るなどで、総合的に納得出来る樹脂には出会えていませんでした。

アームが破断した症例
ノンクラスプのアームが破断した症例写真

通常の作り方をすれば、レストが浮く、アームが折れる、大きな症例に柔らかい材質を使うと咬めないなど、トラブルが頻発します。
このように現実として知らないと怖い患者さんを減らしているノンクラスプの実態があります。
歯科大や開業している先生の歯科医院に破折したノンクラスプが数多く修理依頼が入っていますが、ここで重要なのは、「作った先生のところに患者さんが修理に行っていない」という事です。
つまり作った病院には何にも言わずに他の病院を選んでいるのが実態だからです。
高額な自費の義歯が短期間で壊れてしまった事に信頼感を無くしている事が問題になっています。
その病院にいけば再製扱いになるとか、期間に応じて費用が発生するとか、手がかかるとかの事由があります。
この件は再製を免れていますが、その病院に患者さんが戻る事はもう無いでしょう。

ノンメタルクラスプの評価が低い訳

一般的なノンメタルクラスプはゆるみが出た時に対応できません。
なぜノンメタルクラスプは時間が経つと外れやすくなるのでしょう。外れやすくなるだけではなく、柔らかいはずのデンチャーが痛くて装着できなくなる事もあります。
柔らかいナイロン樹脂、熱可塑性樹脂を使った場合、高い咬合圧が繰り返される事により床に歯槽頂を支点に開く力がかかります。この応力にアーム、床全体が復元できなくなって開いたままになってしまい咬合の度に歯槽頂からずり落ちてしまうからです。

  • ノンメタルクラスプ(他社の症例写真1)
  • ノンメタルクラスプ(他社の症例写真2)
  • ノンメタルクラスプ(他社の症例写真3)

強度が高いAI樹脂にワイヤーを入れてダブルで弛みに対抗します。

AI樹脂にワイヤーを入れた症例写真

ノンクラスプで1番多い6、7欠損片側処理の症例において弛みがでないようにワイヤーを入れるノウハウがあります。AI樹脂を使う事で理工学的にも強度が高く、弛みに抵抗する素材を使用しています。

患者さんが緩くなったと言って来院された時、このワイヤーが入っていれば指で強く挟めばすぐに対処出来ます。

ワイヤーを入れたくない患者様には、自費の歯科技工物をご提案をいたします。
AI樹脂にワイヤーを入れない症例写真

ワイヤーを入れたくない患者さんのためにKDENTALでは、右の画像のようにワイヤーを入れない「自費の歯科技工物」をご紹介しています。詳しくは「歯科技工物情報サイト 」をご覧ください。 歯科技工物情報サイト

弊社AIデンチャーは緩くなっても指で摘むだけで調整が可能です。

AI樹脂にワイヤーを入れた症例写真

又越しワイヤー自体レストの役目をします。グルーブに収めることで頬舌のぶれも抑えられます。

KdentalのAIデンチャーはノンクラスプ特有の弛みが出た時に対応できる措置を施しています。メタルを使う事により、より薄く装着感も強度も上がり調整も可能になります。前からはメタルが見えないように考慮されています。又もっとメタルを使わない工夫も可能です。

  • AIデンチャー症例写真1
  • AIデンチャー症例写真2
  • AIデンチャー症例写真3

患者さんに満足を得られるには下記のような事が大事になります。

ガイドプレーン、レスト、グルーブの付与

ガイドプレーン、レスト、グルーブ症例写真1

ラボに出していただけるとグルーブレストなど、ノンクラスプに、適応した釣歯を作成します。
釣歯の遠心に平行な面が1~2mmあれば結果が変わってきます。

ガイドプレーン、レスト、グルーブ症例写真2

ノンクラスプでは、外しにくい、緩みにくいなどに対処すべく、ガイドプレーンの付与(90度から少し前方に倒して)が長く御使いいただける鍵のようです。

ガイドプレーン、レスト、グルーブ症例写真3

出来上がりがうまくいくかどうかがここで解ります。
TF時にオストロンでバーの位置、厚み、幅など、完成と同じ位置にある為装着感を確認できます。
模型上合っているのに、口腔内で隙間があれば模型の変形が懸念されます。
仕上げ時に新しい印象を取ってください。

ガイドプレーン、レスト、グルーブ症例写真4

指摘の時バーの位置、幅などで、装着感がいいのか確認をされてください。(後パラタルを前パラタルに変更など)仕上げ時に変更可能

ガイドプレーン、レスト、グルーブ症例写真5

釣歯の後方にワイヤーを入れる(緩みを防ぐ)

ガイドプレーン、レスト、グルーブ症例写真6

舌側のワイヤーが緩んだときに威力を発揮します。

ペリオデンチャー、ノンクラスプをする上で重要なポイント

  1. 釣歯(アンダーカットはあるか?レスト、ワイヤーグループ、ガイドプレーンは必須)
  2. 床辺が長過ぎない個人トレーの使用(床よりちょっと短め)
  3. テクニコールボンド、接着剤の使用(トレーから外れたらアウト)
  4. マニュアルより2~3分長く保持する(非常に大事)印象全て
  5. 必要の無いアンダーカットは事前に埋めて歯軸にまっすぐ外す(こねるだけで変形します)

ノンクラスプデンチャーのゆるみに対応歯のない入れ歯 ペリオデンチャーもご覧ください

即重でリラインする方法も可能です。

即重でリラインする症例写真1

弊社に送って頂けると口腔内で直接即重が接着できるように処置を施します。

即重でリラインする症例写真2

即重でリライン

即重でリラインする症例写真3

大まかに削って

即重でリラインする症例写真4

最終研磨を施して完成

同じ樹脂を用いて修理もリラインも可能です。

同じ樹脂を用いた修理リライン症例写真1

このようなリラインも安心同じAI樹脂による2度射出が可能

同じ樹脂を用いた修理リライン症例写真2

強度を得られるよう大きく削除

同じ樹脂を用いた修理リライン症例写真3

射出後、境目もあまり目立つ事無く最終研磨

模型送付先

Kdental所在地

送付先

有限会社 Kdental

〒800-0353
福岡県京都郡苅田町尾倉4378-8
TEL:093-435-3580
FAX:093-435-0358

Kdentalは、北九州空港より車で20分
JR南行橋駅より徒歩で5分
(スーパーセンタートライアル行橋店隣 )
※見学の先生は空港までお迎えに参ります。

 

クロネコヤマトの超速宅急便  <http://www.kuronekoyamato.co.jp/chosoku/chosoku.html>
もご利用可能です。
東京からですと夜までに出していただければ朝には北九州に着きます。

実用新案登録取得 (実用新案登録3107256号) ノンクラスプデンチャーのゆるみに対応

Kdentalは、2011年にAI樹脂に出会い「史上最強の強度」と「対劣化性」を得ました。
加えてKdentalはこのメタルを入れる技術の実用新案登録取得(実用新案登録3107256号を取得)しています。

日本中から,ノンクラスプデンチャーの仕事を依頼されています。適応症例は67欠損、などの2~3歯欠損の片則処理、前歯を含んだ中間欠損から始められてください。なれてくると、上顎の片則だけに少数歯が残っているような多数歯欠損の義歯の患者などの、レジン床ではうまくいきにくい大きな症例を手がけていくと本当の良さを理解していただけると思います。
レジン床では難症例ほど、患者様のフレキシブルに換えたときの喜びが大きく患者が患者を呼んできます。上顎をしたら下顎を入れるなど、フレキシブルのファンの患者が増えてきます。
インプラント全盛の世の中ですが選択肢の一つとして考えていただけると喜ばれると思います。

フレキシブルデンチャーをする上で、最も大事な事は「印象」です。

フレキシブルデンチャーの症例写真右側 フレキシブルデンチャーの症例写真左側

ポイントとしては・・

1.若干床辺を短めに設定された個人トレーを使用して筋形成して印象する

2.かならず接着剤(テクニコールボンドなど)を使用する

3.口腔内の保持の時間を5分以上取る(ここは押さえたい5つの大事なポイント)

4.こねてはずさない。エアーをかけてまっすぐ外す

5.アルジネートならすぐに石膏を流す

これだけ守っていただけるとほとんど再製する事がありません。
模型はクロネコヤマトの着払いをご利用して送っていただければ送料は無料です。

AI樹脂の格段の強度及び対薬品性 AIの特徴・長所

AIの特徴

  1. 疲労強度が強い
  2. 経年変化による劣化が少ない(耐温水性が強い)
  3. 軽量で装着感が良い
  4. 吸水率が小さい
  5. 耐加水分解性が強い
  6. 耐熱性が高い
  7. 製品の透明度が高い

ケース耐久試験(5秒サイクル/1.0Mpa)
非結晶AI樹脂素材:20,000サイクル以上耐久
微結晶ポリアミド素材:1,150サイクルでクラック

AIの長所 対薬品性

  1. キッチンハイターに6ヶ月浸けても変色しない
  2. レジン歯は塩素で漂白されてます
  3. 耐劣化性に優れている

キッチンハイターに6ヶ月浸けている写真 キッチンハイターに6ヶ月浸けたデンチャーの症例写真

お問合せ・ご相談

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせフォームより24時間受付中です
お電話によるお問い合わせ:093-435-3580 fax:093-435-0358
メールアドレス:info@kdental.co.jp

クロネコヤマトで送料無料

受講者が10人集まればセミナーを開かせていただきます。お気軽ご相談ください。

アルティメットデンチャー

AIデンチャーDVD発売

information

ホットニュース

CAD/CAM申請書NEW!

企業理念

外部リンク

PAGE TOP

Copyright(C) Kdental.co.jp All Rights Reserved.