Kdentalはノンクラスプ,クラウン,CADCAM冠,e.maxに特化|ハイブレッドレジン,ジルコニア,ペリオデンチャー等の多数の歯科技工物を行なう総合ラボです

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0120-31-0025

トップページ > 歯冠修復 > ジルコニア

ジルコニアcrown

ジルコニアの価値Crown

ジルコニアの価値は白い色と強度にあります

ジルコニアの症例写真

ジルコニアの価値は白い色と強度にあります。反対にジルコニアの欠点は硬すぎる事で、全く咬耗しない歯は、天然歯とは異なり、問題になります。

天然歯は咬耗変化するのにジルコニアは変化しません。

全てジルコニアで補綴された冠などは咬合により、歯根や対合歯に負担が掛かります。
天然歯は咬耗して減って行くのに従来のジルコニアは減らずにそこだけが強くあたってきます。
根治が必要になった場合、ジルコニアを削るのは昔は相当な重労働でした。今ではジルコニア対応ダイアモンドバーが開発されて削るストレスがかなり軽減されたとはいえ、それでも口の中で削られる患者さんの身になれば怖い物があります。やはり歯周組織のダメージが出にくい配慮が必要です。

そのため弊社では少しでもリスクを下げるため、表面硬度を陶材レベルまで下げるグレース材を使用し対合を出来るだけ保護する対策を行っております。
咬合面を調整した際は、ジルコニアがグレース材から露出してしまい対合を削りやすくなってしまいます。再度グレース処理を行うことでコーティングを施し直す事ができます。

今日の患者さんは要求度が高く、今は白ければいい、強ければいいという時代ではないようです。
症例にあった技工物の選択が必要です。

ジルコニアとe.maxどちらが好みかは別にして天然歯の色調にはe.maxが有利なような気がします。

ジルコニア e.max
ジルコニア e.max

3本以上のBrにはジルコニアフレームを用いてレイヤリング、ジルコニアフレームにポーセレンを盛れば色調は満足度が高くなります。大臼歯を含むBrにはこの手法が一般的です。
強度が高くするなら全てジルコニアでCKを作成するなら臼歯の咬合高径の薄い症例に向いています。
透過率が低いためコア材を選ばないなどの長所もあります。
しかし、表面の強度はポーセレンの強度しか無く、対合歯がインプラントとなればこの方法では壊れやすくまた修理が困難です。

ジルプレスを用いる場合ジルライナー(ボンディング材)使用します。
ジルコニアフレームにジルライナー(ボンディング材)を焼き付け、ジルプレス(ナノフルオロアパタイト)を鋳接して接着する方法があります。
ジルプレスとe.maxプレスはインゴットが違いe.maxプレスの方が強度が有ります。

e.maxプレス ジルコニアカスタムアバットメント
e.maxプレスの症例写真 ジルコニアカスタムアバットメントの症例写真
ジルコニアカスタムアバットメントとe.maxプレス   
ジルコニアカスタムアバットメントとe.maxプレスの症例写真  

破断試験をした場合ジルコニアは撓む事無く一気に破断しますがその表面にはしっかりジルライナーが付いています。(数値的に証明はされていない)
それだけジルコニアフレームとジルプレスの焼き付き強度が高い事の現れの様です。
正しいレイヤリングよりはジルプレスの結晶強度が高いためチッピングしにくくなっています。

しかしながらインプラント同士で噛み合うとなるとあらゆるものが壊れてきます。
インプラントが壊れなければ対合歯もしくは歯槽骨をいためることもあります
天然歯、歯根膜など、神経が通っていてきちんと制御出来ています。
全くよく出来ています。

お問合せ・ご相談

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせフォームより24時間受付中です
お電話によるお問い合わせ:093-435-3580 fax:093-435-0358
メールアドレス:info@kdental.co.jp

クロネコヤマトで送料無料

受講者が10人集まればセミナーを開かせていただきます。お気軽ご相談ください。

アルティメットデンチャー

AIデンチャーDVD発売

information

ホットニュース

CAD/CAM申請書NEW!

企業理念

外部リンク

PAGE TOP

Copyright(C) Kdental.co.jp All Rights Reserved.