Kdentalはノンクラスプ,クラウン,CADCAM冠,e.maxに特化|ハイブレッドレジン,ジルコニア,ペリオデンチャー等の多数の歯科技工物を行なう総合ラボです

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0120-31-0025

トップページ > 歯冠修復 > e.max

e.max (e.max プレス)crown

天然歯の様に咬耗プラークがつきにくく生体親和性抜群のe.max

CADCAMにはないe.max最大の長所とは? メタルフリーを提唱して患者さんに喜ばれるには?

既に欧州では自分自身の身体の中から金属を全て取り除く方向に思考がシフトされています。
現在日本の歯科保険治療で用いられる合金の金含有量は少なく抑えられており、パラジウム、銀、銅、ニッケルなど多様な元素を含んだ合金が使用されています。口の中の金属はイオン化して溶け出しやすく、唾液、口腔細菌、血液などのタンパクと結合して抗原性(アレルギー性)を持つようになります。その結果、皮膚炎や肌のシミ・しわなどを生じるようになります。

また、口の中の金属は帯電しやすく、ガルバニ電流と呼ばれる微弱電流を生じて、脳活動を混乱させたり、頭痛や関節痛を憎悪させたりします。口の中の金属によるアレルギーの危険性はピアスやネックレスによる感作によって発症しやすくなりますが、発症しない場合でも長い期間にわたる金属の体内蓄積によって身体的リスクが増大します。
現時点で最も懸念されていることは、口の中の金属のよって免疫力が低下し、老化や発がんが促進されてしまうのではないかということです。

このようなリスクを増やさない様にする為にもメタルボンドを進めるようなら、殆ど同じ価格でメタルフリーに出来るe.maxをお勧めします。

上顎2~2 下顎3~3 の e.maxの症例写真)

色適合精度に優れるニケイ酸リチウムの結晶は強度にもすぐれ、 特にインレーの素材としては、現時点では最良であると思います。

【上下10本】上顎2~2(e.max4本)下顎3~3(e.max6本)
症例写真

従来の4倍の強度が有るためポーセレンインレーのようなセット時の破折が減ります。
ハイブリッド、CRインレーのような強度不足も解消され、天然歯に近い摩耗強度を持つためファセットに境目が出ずに短針で探っても引っかかりが出来ません。
加えて表面がガラスセラミックスの為とても滑らかで、生体親和性が非常に高く歯石や、プラークがつきにくくなっています。歯肉上皮が下がらないむしろ上がり気味になる報告が有ります 。

症例写真

強度と透明度を併せ持ったHTインゴットが2009年7月に出来て最もセラミックスインレーに適した素材になったと思われます。

症例写真

透明度が高く下地の色を拾うため審美性が高く患者満足度も高い品質を保てるため1つのe.maxインレーをセットすると他のメタルで入れたインレーが目立ちようになります。

症例写真

1つのe.maxインレーで高い満足が得られ、保険のCK、他の歯のインレーまでアレルギー予防の観点からメタルインレーを随時撤去しセラミックインレーに代わることもあります。

Kdentalは自信持ってお勧めします

このようにアレルギー予防の観点からメタルを口腔内に残さない思考が患者さんに定着すると、ますますセラミックインレー(其の中でも最も強度が高いe.max)の需要は増えて行くと思われます。
セラミックはもっとも安全であり、チタンも安全性の高い材料です。失われた歯を回復する場合には、費用の点を別にすればチタン製インプラント(人工歯根)とセラミックの人工歯冠も安全な選択といえます。

e.max 症例集

e.max 症例集をご覧ください。

 

お問合せ・ご相談

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせフォームより24時間受付中です
お電話によるお問い合わせ:093-435-3580 fax:093-435-0358
メールアドレス:info@kdental.co.jp

クロネコヤマトで送料無料

受講者が10人集まればセミナーを開かせていただきます。お気軽ご相談ください。

アルティメットデンチャー

AIデンチャーDVD発売

information

ホットニュース

CAD/CAM申請書NEW!

企業理念

外部リンク

PAGE TOP

Copyright(C) Kdental.co.jp All Rights Reserved.