Kdentalはノンクラスプ,クラウン,CADCAM冠,e.maxに特化|ハイブレッドレジン,ジルコニア,ペリオデンチャー等の多数の歯科技工物を行なう総合ラボです

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.0120-31-0025

トップページ > ペリオデンチャー > 平成29年度セミナー(ノンクラスプは生き残れるか?)

九歯大准教授:有田正博先生講演「ノンクラスプは生き残れるか?」Perio-denture

平成29年セミナー(九歯大准教授:有田正博先生講演)

インプラントと共生するノンクラスプ アルティメットセミナー

九歯大准教授:有田正博先生講演

「ノンクラスプは生き残れるか?」

kdentalセミナー

若い世代に、矯正装置のように透明の義歯を装置として紹介いたします。
「スーパーポリアミドのアルティメット」だから可能な煮沸消毒です。
抜群の耐久性・対薬品性でキッチンハイターに半年つけても変色しません。

  • インプラントができない患者様に、インプラント治療を選ばない患者様にオススメ
  • 透明の入れ歯という言葉に患者様に受けがいい
  • 従来のノンクラスプのように歯が短く見えない
  • メタルフリーを提唱して今あるカルテから自費を掘り起こす方法
  • インプラントのステントに利用でき、埋入後安心のプロビにもなりコスト削減
  • マグフィットやコーヌスを利用してインプラントと一体化する
  • 動揺歯を守る世界で唯一のペリオデンチャー
  • ペリオデンチャーの構造 使用説明

セミナー日程

【福岡】 
2017年1月22日(日)

9時~12時45分 (受付 8時30分~)
エイムアテイン   (会議室5H)
   福岡市博多区博多駅前3丁目25-24八百治ビル5階
   (tel 092-477-8030)

受講料:5000円

振込先:三井住友銀行 北九州支店 普通 7039074 有限会社kdental
※恐れ入ります振込手数料は各自ご負担お願いします。

受講後、技工料金支払いにご使用できる、5000円の弊社金券をお渡します。

申し込み

受講希望者には、患者様用の問い合わせが増えるカラフルなポスター無料で差し上げます。
ご希望の方はこの下記フォームより住所、電話番号、医院名、お名前をご記入の上、ポスター希望とし送信ください。

お問い合わせフォームよりお申込み

お問い合わせフォームお名前、お電話番号、ご希望日時、ポスター希望を記載の上お申し込みください

FAXよりお申込み

パンフレットをダウンロードし必要事項、ポスター希望を記載の上<fax:093-435-0358>にてお申込みください。

パンフレット <PDF:928KB>
医療情報研究所パンフレット・申込用紙
お電話よりお申込み

フリーダイヤル:0120-31-0025、または、電話:093-435-3580へ、お名前、お電話番号、ご希望日時、ポスター希望をご連絡ください。

受講者プレゼント

受講者に3大プレゼント!!

  • 特典1)5千円金券プレゼント
  • 特典2)患者さん説明ツールデーターをプレゼント(料金、症例写真を加え、独自の患者さん説明パンフレットにできます)
  • 特典3)技工を依頼すると2つのサイトにお勧め歯科医院として無料登録 詳細>> 

お取引の先生へホームページ広告

現在お取引中の先生へ <2つのサイトに無料掲載方法のご紹介> 詳細>>

お問合せ・ご相談

お問い合わせ・ご相談

お問い合わせフォームより24時間受付中です
お電話によるお問い合わせ:093-435-3580 fax:093-435-0358
メールアドレス:info@kdental.co.jp

クロネコヤマトで送料無料

受講者が10人集まればセミナーを開かせていただきます。お気軽ご相談ください。

現在お取引中の先生へ 2つのサイトに無料掲載

現在弊社とお取引のある先生は、下のお問い合わせより、住所連絡先 歯科医院名、ホームページURLを弊社まで、「リンク希望」と書いてお知らせください。

貴院ホームページにノンクラスプや、ペリオデンチャー、ジルコニアなど説明を増やしたいところに当社のホームページへリンクを貼っていただくことで、貴社のホームページの情報量も増え、患者さんにより詳しい情報が提供できますので、自費への興味関心が高まり、興味を持った人が先生の医院を知り、電話予約や直接訪問につながります。 又、検索順位が向上しSEO対策となります。


弊社ホームページを見 て、実際に患者さんが歯科医院へ来院されたケースが多数あります。
現在、弊社ホームページは月間アクセ スが 3000以 上あります。スマホからも多くの方が閲覧されています。
当サイトにリンクを貼るだけで、その地域の患者さんをご自身 の ホームページへ誘導できます。

Kdentalオフィシャルサイト <http://kdental.co.jp/>

Kdentalオフィシャルサイト

※弊社バナーをお使いください。


さらに下記のポータルサイトは大手ホームページ作成会社フリー セルが患者さん向けに作った技工紹介サイトです。患者さんに、現在どのような技工物があるかを紹介しており、こちらのサイトでも今後検索上位が予想されます。

Kdentalポータルサイト <http://www.dentaljapan.jp/>

Kdentalポータルサイト

※弊社バナーをお使いください。


お問い合わせ・ご相談

お問い合わせフォームより24時間受付中です
お電話によるお問い合わせ:093-435-3580 fax:093-435-0358
メールアドレス:info@kdental.co.jp

セミナー風景とQ&A

【平成28年セミナー風景】

平成28年のセミナーは全日程を無事終了いたしました。
多くの先生方に受講いただきまして本当にありがとうございました。深く感謝しています。

平成28年度セミナー風景
平成28年1月24日【東京】 平成28年1月31日【広島】 平成28年2月11日【北九州】
東京のセミナー風景 広島のセミナー風景 北九州ののセミナー風景
平成28年2月14日【福岡】 平成28年2月28日【大阪】 平成28年7月17日【東京】
福岡のセミナー風景 大阪のセミナー風景 平成28年7月17日横田誠先生&kdental共催ペリオデンチャーセミナー1
平成28年7月17日【東京】
28年8月21日横田誠先生&kdental共催セミナー2    

【平成26年】

平成26年セミナー風景
平成26年6月29日
【香川県歯科技工士学術大会】
平成26年6月29日
【香川県歯科技工士学術大会】
平成26年6月29日香川県保険医協会共催 香川県歯科技工士学術大会にて 田代芳之先生&kdental共催ノンクラスプセミナー 平成26年6月29日香川県保険医協会共催 香川県歯科技工士学術大会にて 田代芳之先生&kdental共催ノンクラスプセミナー

【平成25年セミナー風景】

平成25年度のセミナーは全日程を無事終了いたしました。
多くの先生方に受講いただきまして本当にありがとうございました。深く感謝しています。
第3次咬合性外傷セミナーを受講頂きました先生方、お世話になりました。ありがとうございます。

平成25年度セミナー風景
7月14日福岡セミナー
Kdental Nakashima
7月28日東京セミナー
Yokota Emeritus
7月28日東京セミナー
Kdental Nakashima
8月4日長崎セミナー
Yokota Emeritus
7月14日福岡セミナー風景(Kdental Nakashima) 7月28日東京セミナー風景(Yokota Emeritus) 7月28日東京セミナー風景(Kdental Nakashima) 8月4日長崎セミナー風景(Yokota Emeritus

【平成25年セミナーQ&A】

横田誠先生より質問に対する回答が届きましたのでお知らせさせて頂きます

  1. 1.重度のブラキサーで極度の磨耗や骨隆起が発生するケースとPが進行していくケースに分かれるのはなぜですか?
    そのように臨床的に感じますが、本当にそうであるか否か科学的に証明されておりません。臨床的勘は重要ですが科学的根拠を示すとなると大変に難しいのです。横田塾ペリオ道場は臨床を科学的に研究してエビデンスに基づいて臨床に導入されています。
  2. 2.おすすめ印象材はありますか?ありましたらご教示ください。
    特にありません、シリコーン印象剤を用いて、個人トレーを準備することですトレーニングが必要です。
  3. 3.大変興味深い講演でわくわくしました。今、来院中のぺリオの方どの方にペリオデンチャーを適用しようかと考えています。
    是非チャレンジされてください。横田塾ペリオ道場で症例ごとの治療計画を指導しています。
  4. 4.ペリオデンチャーの印象のとり方。ペリオデンチャーの装着時間をどのくらいか教えていただきたい。
    就寝中も装着してください。
    印象の取り方
    •床辺が長過ぎない個人トレーの使用
    •テクニコールボンドorシリコン接着剤の使用(トレーから外れたりしないように)
    •マニュアルより2~3分長く保持する(非常に大事)印象すべて
    •必要のないアンダーカットは、事前に寒天やWAXで埋めて歯軸にまっすぐ外す
  5. 5.ペリオデンチャーの長期症例は最大で5年目です。着脱の指導と患者さんの着脱後の残存歯の変化を知りたいです。
    非常に学問的な話ですので、簡単に書きます。まず内的動揺が取れていることが前提です。二次性咬合性外傷を防いで、歯周病の進行を予防する装置です。したがって、本来、装着歯の変化を期待するものではありません。しかしながら、長期的には、ペリオテスト値の減少や歯根膜腔の減少が起こります。
  6. 6.誤った着脱の仕方で局部的に歯牙の動揺が増加したりしませんか?ペリオデンチャーのいろんなケースの症例写真が見てみたい。
    既に多くの症例に行っておりますが全く心配ありません。
    横田塾ペリオ道場を受講されるといいと思います。
  7. 7.ペリオデンチャーの解説書、書籍がありましたら教えてください。
    横田塾の日程を教えてください。
    現状では解説書はなく横田塾ペリオ道場で詳細を説明しています。
    ペリオデンチャーについては、以下のページもご参考ください

600件の取引先を持つ歯科技工所が提案する今すぐ出来る集患セミナーInformation

600件の取引先を持つ歯科技工所が提案する今すぐ出来る集患セミナー風景

アンケートを頂いた先生全てが内容が良かったと好評
[非常に良かった]:65% [良かった]:35%との評価を頂きました。

(2012.1.21 小倉 税理士事務所セミナー室にて)

【セミナー受講後のご意見・ご感想】

  • 新しい情報や集患に対しての考え方もとても参考になりました。
  • 特別なセミナーです。全部がとても参考になりました。

e.maxの臨床セミナーInformation

e.maxの臨床セミナー風景

e.maxの臨症例では国内トップクラスの実績で分かって来た「ここは抑えておきたい e.max実例」に実際の臨症例写真を加えて分かりやすくお知らせします。

【セミナー受講後のご意見・ご感想】

  • シェード選びなど細かいポイントなど分かりやすかったです。
  • 患者さんに分かりやすく説明出来ます。
  • e.maxの内容が詳しく分かりました。

Kdental史上最強AIデンチャーセミナーInformation

Kdental史上最強AIデンチャー写真

ノンクラスプに絶対外せない7つのポイントを実際の臨症例写真を加えて分かりやすく御知らせします。

【セミナー受講後のご意見・ご感想】

  • AIデンチャーの利点、リラインが可能などが良かった。
  • AIデンチャー導入します。
  • 久しぶりいいセミナーを聴いた。楽しかった。

【平成28年】セミナー内容

東京都品川セミナー 6月12日、7月17日、8月21日終了いたしました

九州歯科大学名誉教授 横田誠先生による『インプラントに代わる抜かない次世代治療』『歯根膜テスト~新しい治療法と予防法を手に入れる~』
Kdental中嶋代表取締役による『ノンクラスプの最新情報』など2つの内容でセミナーを開催致します。

昨今、社会的にも注目されている「インプラント治療の今後」「即実践に応用できる技術」まで、臨床に役立てていただける構成となっております。
今までの歯科治療とは一線を画しパラダイムシフトを起こす内容です。

期間は、東京都品川セミナー会議室6月12日、7月17日、8月21日(全て日曜日13時~17時まで)行います。
セミナー料金1万7000円になります。
技工料金支払いにご使用できる、5000円の弊社金券もお渡しできます。
詳しくはセミナーパンフレット(PDF:627KB)をご覧ください。
この機会にぜひご出席いただければと存じます。

申込は用紙は印刷し、FAX、フォーム、メールにてご連絡ください。
尚、患者様用の問い合わせが増えるカラフルなポスター無料で差し上げます。
ご希望の方はこの下記フォームより住所、電話番号、医院名、お名前をご記入の上、ポスター希望とし送信ください。

パンフレット
東京セミナー会場 <午前の部><午後の部> 終了いたしました
アルティメットクリアーセミナー

・選択可入れ歯ではなく矯正装置のように、装置として透明の入れ歯をお勧め
・インプラントのもう一つの選択肢、アームが透明なクリアーアルティメット
・スーパーポリアミドを使用したアルティメットクリアデンチャー
・スーパーポリアミドのアルティメットだから鍋で煮ても大丈夫
・抜群の耐久性対薬品性ゆるみに対応できる技術

ペリオデンチャーセミナー

・全ての欠損補綴に応用でき自費が広がるセミナー
・欠損部分の負担を残存歯で均等に負担できる、歯を守るペリオデンチャー
・7番を失った場合特に有効

大阪、広島、福岡、北九州セミナー会場 終了いたしました
アルティメットクリアーセミナー

・選択可入れ歯ではなく矯正装置のように、装置として透明の入れ歯をお勧め
・インプラントのもう一つの選択肢、アームが透明なクリアーアルティメット
・スーパーポリアミドを使用したアルティメットクリアデンチャー
・スーパーポリアミドのアルティメットだから鍋で煮ても大丈夫
・抜群の耐久性対薬品性ゆるみに対応できる技術

メタルフリーを提唱して自費を拡大するセミナー

・e.maxとジルコニア使い分け
・メタルフリーを提唱して自費を拡大する方法
・CADCAM冠の今
・メタルフリー技工トラブルを防ぐ、2つの重要ポイント

受講料:17000円

セミナー日程

【東京 午前】 
平成28年1月24日(日)

10時~12時 (受付 9時30分~)
TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター
  (カンファレンスルーム4I)
   東京都中央区京橋1-7-1 戸田ビルディング
   (tel 03-3562-8522)
【東京 午後】 
平成28年1月24日(日)

14時~16時 (受付 13時30分~)
TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター
  (カンファレンスルーム4I)
   東京都中央区京橋1-7-1 戸田ビルディング
   (tel 03-3562-8522)
【広島】
平成28年1月31日(日)

10時~12時 (受付 9時30分~)
IG石田学園ビル 2階 (121号室)
   広島県広島市中区立町2-25 IG石田学園ビル
   (tel 082-222-2277)
【北九州】
平成28年2月11日(木)
10時~12時 (受付 9時30分~)
TKP小倉シティセンター
   福岡県北九州市小倉北区馬借1-3-9
   (tel 093-522-3080)
【福岡】
平成28年2月14日(日)

10時~12時 (受付 9時30分~)
TKP博多駅前シティセンター
  (カンファレンス4)
   福岡県福岡市博多区博多区博多駅前3-2-1
   (tel 092-433-2833)
【大阪】
平成28年2月28日(日)
15時~17時30分(受付 14時30分~)
株式会社 ULTI-Medical
  大阪市北区東天満1丁目3番8号 ULTIM東天満9F
   (tel 06-4792-7770)

【平成25年度】セミナー内容 全ての講座でペリオデンチャーライセンスを取得できます

※平成25年度セミナーは好評にて終了いたしました

咬合性外傷の本質を学ぶ & クリアクラスプ、AI、ペリオ セミナー

「咬合性外傷の本質を学ぶ」&「クリアクラスプ、AIデンチャー、ペリオデンチャー」 2つのセミナーを1日で学べる充実したセミナー

クリアクラスプ、AIデンチャー、ペリオデンチャー セミナー

※平成25年度セミナーは好評にて終了いたしました

•クリアクラスプ好症例の選び方
•今お使いの保険の義歯にクリアクラスプを追鉤する方法
•患者さんへの薦め方
•見える金属が透明というだけで患者受けが良く自費が増える
•サンプルや無料ポスターで自費の拡大
•ノンクラスプ義歯の床の変色から解放されます
•沸騰消毒出来るAIデンチャーの紹介
•ノンクラスプ義歯のアームの破折から解放されます
•今あるセラミックス&ジルコニアで
•適合がよく天然歯のように咬耗するe.maxの紹介と臨床に取り入れる注意点

ペリオセミナー5時間集中講座 ~咬合性外傷の本質を学ぶ~

※平成25年度セミナーは好評にて終了いたしました

横田誠先生の顔写真

何故インプラントがこんなに流行するのでしょう。それは歯科医師が歯を残せないからではないのでしょうか。歯は年をとっても抜けるわけではありません。これまで悩んでいた咬合崩壊の症例は、動揺と7番問題を忘れていたからです。動揺を軽く考えてはないでしょうか。手では分かりません。ペリオテストを利用しましょう。動揺には内的動揺と、外的動揺があります。根拠もなく歯を抜いていないでしょうか。動揺の変化を利用した予後診断法として緩圧診断法を学んでください。歯の長期保存にはSPT中においても、動揺を抑制することです。同時に7番問題を制して7番を保存しましょう。そこで、難治型の歯周病患者に対して動揺を抑制する非侵襲性の咬合緩衝装置Perio-Splint(denture)を開発しました。この装置には、天然歯同士だけでなくインプラントと天然歯の固定にも有効な新しい「価値の創造」が含まれています。動揺の価値、新しい咬合性外傷の概念と原理を学び国民の歯を保存して国民の幸せに貢献しましょう。

九州歯科大学名誉教授 横田塾塾長 横田誠

セミナー申し込みパンフレット

【平成24年度】 セミナー

横田誠先生歯周治療 33の理論と7つのメソッド&ペリオデンチャー習得セミナーInformation

平成24年度メソッド&ペリオデンチャー習得セミナーは好評にて終了いたしました

日程

横田式7つのメソッド

横田誠先生の顔写真
  1. 心理テスト(STAI)の導入(患者満足)
  2. PeritectVの開発
  3. 再評価予後診断法開発(評価)
  4. 動揺歯の予後診断法として緩圧診断法の開発
  5. サージカル根面バーの開発(手術)
  6. 根面破壊が疑われる歯周ポケットに対する抜歯再植診断法の開発
  7. Perio-dentureによる固定(SPT中の緩圧、インプラントと動揺歯の連結)

事前対応型歯周治療33の理論

  1. 不安は内因性に循環器動態の変化をもたらす。
  2. 心理テスト(STAI)を導入して患者満足のある医療の確立。
  3. 歯周治療で不安度が減少する。
  4. 早期接触はストレスを引き起こす。
  5. ポケット洗浄は極めて効果が高い。
  6. 再評価診断法の確立。
  7. 動揺は基本治療のリスク因子である。
  8. 歯列はスクラム理論で固有歯槽骨を作る。
  9. 歯周病が歯を挺出移動させる。(垂直的移動)
  10. 隣接面のポケットは歯を挺出回転移動させて歯間離開度を増大させる。
  11. 歯周基本治療は歯間離開度の緊密化を起こして,咬合力の増大をもたらす。
  12. 口蓋側の歯周ポケットは歯を頬側に変位させる。
  13. 歯周病は歯根膜に機能変化を生じさせる。
  14. 早期接触は内因性と外因性がある。
  15. 動揺歯が挺出して早期接触を起こしていることを人で証明した。
  16. プラークコントロールとSRPは咬合調整法である。
  17. 予後診断法として緩圧診断法が有効である。
  18. 歯周治療で動揺が減少する。
  19. 歯周治療で咬合力は増大する。
  20. 基本治療で脳は活性化する。
  21. 咬合性外傷の定義に二つの要素を加えた。
  22. 咬合力だけでもアタッチメントロスが生じる外因性早期接触。
  23. サージカルキットで手術時間を半分に短縮できる。
  24. 矯正的圧下は再生をもたらす。
  25. インプラントは歯周病学的に長期安定する。
  26. インプラントと歯根膜機能の違いを明確にした。
  27. 7番問題,7番には10の問題がある。
  28. 7問題の解決が臼歯部の咬合崩壊を予防する。
  29. 再評価診断法は予後診断法である。
  30. 微細な動揺度は視覚や触覚では分からない。
  31. SPT中の動揺歯はPerio-dentureによる固定が有効である。
  32. インプラントと動揺歯はPerio-dentureによる固定が有効である。
  33. 歯周病予防には学童期の歯周組織検査と口呼吸の予防が大切。
【セミナー受講後のご意見・ご感想】
横田誠先生歯周治療 33の理論と7つのメソッド&C-デンチャー習得セミナー風景
  • 歯周病患者へのペリオデンチャーの応用が参考になった。
  • 「臼歯と心は関係している」ペリオデンチャーでしっかり咬む事の大切さが分かりよかったと思います。
  • 横田先生のお話、とても勉強になりました。

(2012.1.21 小倉 税理士事務所セミナー室にて)

アルティメットデンチャー

AIデンチャーDVD発売

information

ホットニュース

CAD/CAM申請書NEW!

企業理念

外部リンク

PAGE TOP

Copyright(C) Kdental.co.jp All Rights Reserved.